いきいき新聞

毎月、ご利用者のみなさんや、地域包括支援センターなどからの原稿をもとに独自に発行し、地域のみなさんの交流の手立てとして活用して頂いています。福祉亭の催事の周知や、福祉亭からのメッセージの掲載にも役立てています。

最新版『2019年6月号』

ダウンロード

アーカイブ

2019年5月号

今月の音楽小話は、作詞:犬童球渓、作曲:ウイリアムス・ヘイス「故郷の廃屋」。懐かしい唱歌です。

2019年4月号

「最後だとわかっていたら」……アメリカの女性が幼い男の子を亡くしたときにつくった詩です。

2019年3月号

挿絵のイラストをご注目ください。春らしくひな人形や花で飾っています。

2019年2月号

インフルエンザが大流行です。外出して帰宅したら、手洗いとうがいが鉄則。気をつけましょう。

2019年1月号

今月の詩歌は懐かしいフォークソング「神田川」にまつわる甘い恋物語。つい思い出にふけってしまいます。

2018年12月号

今月の音楽小話は「シクラメンの香り」。クリスマスの喧騒のなか、対照的に静かな曲を聴きたくなるそうです。

2018年11月号

猫好きにはたまらないイラスト「なべねこ」。ギュウギュウと鍋いっぱいに顔を並べている。福祉亭を守る「おやじ猫」の胡座が凜々しい。

2018年10月号

今月の音楽小話は「夕空晴れて秋風吹き」で始まる「故郷の空」。スコットランド民謡が元歌とは意外です。

2018年9月号

今月のエッセイは哀愁漂う「季節が過ぎて」、音楽小話はザ・ブラザース・フォア「トライ・トゥ・リメンバー」の秘話です。

2018年8月号

今年の夏は危険です。水分・塩分を補給し、エアコンをつけて、酷暑を乗り切りましょう。ボランティアスタッフ募集中。

2018年7月号

今年の夏は酷暑のようです。福祉亭の厨房はさらに暑い。スタッフにひと声かけてください「ごくろうさま」と。