あなたの()らしを(ささ)えていく居場所(いばしょ)

福祉亭

ふらりと寄れる、みんなのたまり場です。

日本最大級の多摩ニュータウンで、最も早く入居が始まったのが福祉亭のある永山地区。昭和46年春のことです。 あれから約50年。入居当時20代・30代だった住民も同じだけ年齢を重ねました。 段差や階段が多いまちですし、エレベーターのない棟の方などは特に外出が億劫かもしれませんが、ぜひ福祉亭にお立ち寄りください。 名物は日替わり定食。喫茶もやっています(昼間のビールもOK)。 趣味のイベントも多数実施しています。誰かとおしゃべりしたくなった時にもどうぞ。お子さんや若い世代の方も大歓迎です。
もっと詳しく

おいしい福祉亭

満腹・満足!日替わり定食

季節の野菜を中心に、日替わり定食をご用意しています。 泥つき野菜を洗うところから始まる家庭料理で、曜日別のチームで調理を担当しています。定食で満腹感と満足感が得られるよう、工夫をしています。夏には40℃を超える狭い厨房ですが、ボランティアさんたちも頑張っています。
もっと詳しく

子ども食堂 福祉亭

お腹いっぱい食べて元気!

地域のみなさんが協力しあって、手作り料理を子どもたちに提供します。
おいしいお料理で、お腹いっぱいに。子どもたちの元気で、地域に笑顔が広がるように。さまざまな願いをこめて、新たにスタートします。毎月の予定。
子どもは無料、小学3年生以下の子どもに付き添いの大人は300円です。

在宅医療連続講座のお知らせ

あなたは最期をどんなふうに過ごしたいですか?

~ 在宅医療、取り組みとその実際 ~

在宅医療のことを学び、家族や地域との関係性を見つめなおすきっかけとなれば
幸いです。
また、地域のしくみづくりとともに、自分の生き方、逝き方について
一緒に考えてみませんか。

プログラム

  • 第1回 10月 2日 『人生を生きぬく』ということと在宅医療~訪問看護の視点から~
    講師:浜 佳恵さん
    (株式会社シバタ 訪問看護ステーションは~とふる多摩センター 訪問看護師)
  • 第2回 10月16日 まず知ろう、在宅医療の今
    講師:淵野 純子さん
    (社会医療法人 河北医療財団 多摩事業部あいクリニック在宅なんでも相談室 看護師、介護支援専門員)
  • 第3回 11月 6日 訪問診療の現場から
    講師:新垣美郁代さん
    (医療法人社団碧会 新垣内科・外科クリニック院長 医師)
  • 第4回 11月20日 訪問歯科診療の現場から
    講師:初野 有人さん
    (医療法人社団香有会 はつの歯科医院院長 歯科医師)
  • 第5回 12月 4日 終末期を安心して迎えたい
    講師:淵野 純子さん
    (社会医療法人 河北医療財団 多摩事業部あいクリニック在宅なんでも相談室 看護師、介護支援専門員)
  • 第6回 12月18日 私の生きかた、そして逝きかた~在宅医療をどう活用するのか?~
    講師:奥野 滋子さん
    (順天堂大学大学院医学研究科緩和医療学客員准教授(緩和ケア、終末期医療、生と死)
    医療法人長谷川会湘南ホスピタル 医師(地域包括ケア、訪問診療)

開催情報

開 催 日: 10月~12月の第1・3日曜日
会   場: 永山公民館内 講座室(ベルブ永山3階)
時   間: 10:00~12:00
参 加 費: 無料
対   象: 市民一般(市内在住・在勤・在学者、全6回参加できる方優先)
定   員: 30名(申し込み先着順)
主   催: NPO法人 福祉亭
企画・運営協力: 永山公民館(ベルブぜみ)

申し込み、問い合わせ

永山公民館へ TEL 042‐337‐6661、FAX 042‐337‐6003
9月7日(水曜)午前9時から電話でお申し込みください。
※休館日(第1・3木曜および祝日)を除く 9時から17時まで
※この講座は、 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 助成事業を受けて企画開催しています。

※当ホームページは「平成28年度東京都多様な主体の地域貢献活動による地域包括ケアの推進事業」として支援を受け制作しました。